ドアを開けてまず気にかけたいのが、ニオイです。

 

タバコや香水など、自分にとって気になるニオイの有無をチェックしてください。

 
中古車ですからさすがに新車のあのニオイを望んでも難しいですが、きれいに乗っていた人のクルマなら、まず変なニオイはしません。

 
ニオイに関して念を入れるなら、一度エンジンをかけてエアコンを回してみることも大事です。

 

きついニオイ(カピくさいなど)がある場合、このニオイを取り除くのは至難の業なので気をつけてください。

 
なぜこれだけニオイについてうるさくいうのかというと、車内に染みついたニオイは消臭スプレーなどで消そうと思っても消えるものではないからです。

 

 

とにかく、乗ったときになんだかイヤだなというニオイがするクルマは避けたほうがいいでしょう。

 
また、ドアを開けるときには必ず左右のドアを開けてください。

 

どちらかがあまりにも柔らかかったり、硬かったりする場合は要注意です。

 

車体に何かしらの不具合がある可能性が考えられます。

 
さて車内に入ったら、じっくりとシlトを観察してください。

 

シートがきれいなクルマというのは、それだけで「程度のいいクルマだ!」と断言したくなるほど、大切なポイン次にハンドルを見てみましょう。

 

樹脂製でも革製でも同じことがいえますが、が妙にピカピカ光っている場合や、妙にくたびれている場合は、それだけよくハンドルを回していたということです。

 
これらの状態をつくりだす要因は、「習慣1」でお話ししましたが、必要以上にハンドルを切って運転している悪癖によるものです。

 
こういう運転をする人のクルマは、いろんな簡所がくたびれていること多いので気をつけましょう。

 
エアコン、オーディオ、パワlウインドウなどのスイッチ類にも目を配ってほしいと思います。

 

ここもやはり乱雑に使っていた人のクルマは、それなりのくたびれ方をしまた、ています。

 
中古車というとどうしても外観の程度に目を奪われがちですが、実は内装のほうがずっと重要なのです。

 
いってしまえば、外観(ボディの塗装など)はあとで直せます。内装はそう簡単にはいかないと覚えておいてください。

 
中古車は、以前乗っていた人のクセがなるべくないインテリアが理想的なのです。