まずは、現実的なHお金u の話からはじめてみましょう。「印万円以下のクルマ」は税金がかかりません。

 

 

税金とは自動車取得税のこと。これは非常に大きい利点ですね。

 
ご存知のように、最近はハイブリッド車をはじめとする「エコカ1」の新車購入時には、税率が優遇されるようになっています。

 

 
中古車の取得税は、新車時の価格とそのクルマの経過年数によって変動します。税率や計算式は省略しますが、たとえば新車価格が250万円する3年落ちの中古車を購入したとします。

 

 

 

すると、約4万円もの取得税がかかります。

 

 
新車時の値段が高ければ高いほど、高年式であればあるほどその税率、つまり取得税の金額が跳ね上がります。

 

 

ところが、計算式(新車時の車両本体価格×主要オプション価格印万×0・9×経過年数により定められた数値)によって導きだされた「取得価格」が、円以下の場合は取得税が発生しません。

 

 
理論上では実際の購入金額が印万円以下でも、取得税がかかるケlスが発生します。

 

 

しかしそれはたとえて言うなら、新車時に800万円もしたモデルの6年落ちのクルマが、中古車屋さんで的万円で売っているといったケlスです。そんなことは、市場の原理ではまずあり得ませんね。

 

 
世に出回っている「印万円以下のクルマ」の「取得価格」は、印万円以下になるはずです。

 

 

ですから、「印万円以下のクルマは自動車取得税が無税」と言っているのです。

 

 

こんなお得な話はありません。これは意外と知られていない事実なのです。

 
トヨタ・プリウスやホンダ・インサイトの売れ行きに、前述した減税措置がアシストしていることは間違いないでしょう。

 

 

このご時世、数万円の違いを軽く見る人は稀ですよね?

 

 

ハーレー 買取価格を知りたい方はコチラ。