試乗は必ず行ってください。

 

 

お庖によっては試乗をさせてくれないことがあるかもしれません。

 

 

しかし、その場合はお庖の人に運転してもらって、助手席に乗ってでも試乗するようにしましょう。
まずはエンジンのかかり具合を確認します。スタlタiモーターが「ギュルギユルボーンツ」と勢いよく回っていれば問題はありません。

 

 

整備されていてバッテリーも新しい場合は、気持ちよくエンジンがかかるものです。
エンジンというのはかけた当初は冷えているため、効率よく燃焼しないものです。

 

 

冷えているときは、アイドリング時の回転数が少し高くなるように設定されているので、エンジン音もしっかり聞こえてくるはずです。
もし時間に余裕があるなら、このときの音をじっくり聞いてください。

 

 

十分にエンジンがあたたまると音(回転数)が一段階低くなりますが、基本的にエンジン音が一定かどうかを確認してください。

 

問題のあるクルマならばこの時点で違和感を覚えるはずです。

 

 

異音が聞こえるとか、ンジンルlムがブルブルと揺れているとかであれば、エンジンに難ありです。

 

 

次に発進時に、PレンジからDレンジに入れた瞬間のクルマの状態を確認してください。
ガクンっと振動があったり、Dレンジに入る(ギアがつながる)のに時間がかかったりとコニAT(オlトマ)が壊れている可能性があります。
ATの調子が悪いクルマを買うと、後にかなり高額の修理費用がかかることが予想されます。

 

大げさではなく、安いクルマならもう一台買えるほど修理代がかさむことすらありいう場合は、ます。
最近ではCVT(無段変速機)とよばれるタイプのAT車も多く出回っています。
タイプを採用しているクルマの場合は、もともと変速時のショックがありません。

 

 

なのでショックを感じるようであれば、何かしらの不具合があることを表しています。

 

AT車ではシフトレバ!の作動具合も大切なポイントです。

 

 

ゆるゆると節度なくPレンジからDレンジへ、もしくはDレンジからPレンジへと動いてしまうものは、たとえ走行距離が短いクルマでも、酷使されていた可能性が高いといえます。
MT車の場合は、必ずクラッチの具合をチェックしてください。

 

 

試乗できなくてもクラッチを踏んでみるくらいのことは必ず行ってください。

 

 

踏む途中で変なひっかかりがあるとか、なんだか重たい感じがするなとかといった場合は、クラッチに支障があります。
また、エンジンをかけたときにシフトノプが激しく震えているものも要注意です。

 

 

シフトノブがテカテカと光っているもの、劣化具合が激しいものは、ハンドルのときと同様にあまり上手ではない人が運転していた可能性があるので、オススメしません。
限られた時間の中で行う試乗では、エンジンやトランスミッションなど高額な修理費用が必要な部分が壊れていないかどうかを、漏らさずチェックすることが肝心なのです。