Authorsyusyu1

車内のニオイでわかる本当の程度

ドアを開けてまず気にかけたいのが、ニオイです。

 

タバコや香水など、自分にとって気になるニオイの有無をチェックしてください。

 
中古車ですからさすがに新車のあのニオイを望んでも難しいですが、きれいに乗っていた人のクルマなら、まず変なニオイはしません。

 
ニオイに関して念を入れるなら、一度エンジンをかけてエアコンを回してみることも大事です。

 

きついニオイ(カピくさいなど)がある場合、このニオイを取り除くのは至難の業なので気をつけてください。

 
なぜこれだけニオイについてうるさくいうのかというと、車内に染みついたニオイは消臭スプレーなどで消そうと思っても消えるものではないからです。

 

 

とにかく、乗ったときになんだかイヤだなというニオイがするクルマは避けたほうがいいでしょう。

 
また、ドアを開けるときには必ず左右のドアを開けてください。

 

どちらかがあまりにも柔らかかったり、硬かったりする場合は要注意です。

 

車体に何かしらの不具合がある可能性が考えられます。

 
さて車内に入ったら、じっくりとシlトを観察してください。

 

シートがきれいなクルマというのは、それだけで「程度のいいクルマだ!」と断言したくなるほど、大切なポイン次にハンドルを見てみましょう。

 

樹脂製でも革製でも同じことがいえますが、が妙にピカピカ光っている場合や、妙にくたびれている場合は、それだけよくハンドルを回していたということです。

 
これらの状態をつくりだす要因は、「習慣1」でお話ししましたが、必要以上にハンドルを切って運転している悪癖によるものです。

 
こういう運転をする人のクルマは、いろんな簡所がくたびれていること多いので気をつけましょう。

 
エアコン、オーディオ、パワlウインドウなどのスイッチ類にも目を配ってほしいと思います。

 

ここもやはり乱雑に使っていた人のクルマは、それなりのくたびれ方をしまた、ています。

 
中古車というとどうしても外観の程度に目を奪われがちですが、実は内装のほうがずっと重要なのです。

 
いってしまえば、外観(ボディの塗装など)はあとで直せます。内装はそう簡単にはいかないと覚えておいてください。

 
中古車は、以前乗っていた人のクセがなるべくないインテリアが理想的なのです。

見た目は直感が勝負の分かれ目に

非常に漠然としていますが、中古車選びではまずそのクルマの全体を見たときの、「なんだかこのクルマはシャープだな」とか「シャキッとしているな」とかといった直感を大切にしてください。

 
逆にいうと、「なょっ」としていたり「ぼよlん」としていたりするように感じるクルマはまず駄目です。

 
「ビシつ」とした雰囲気を漂わせているかどうかが大事なポイントなのです。

 

難しいことをいうようですが、なにも特別な知識はいりません。

 

必要なのは、自分の欲しいタイプのクルマを何台も「見る」ということなのです。

 
-台決めるのに最低同じタイプの車種を5台は見てほしいと思います。

 

とにかく、多く見れば見るほどそのピシっと感の速いがわかるようになります。

 
同じような値段でも中古車それぞれで、見た目の雰囲気が、ずいぶんと違うことがわかってもらえるはずです。

 

特に欲しい色が決まっているなら、同色のものを2、3台見比べるとよりその違いを認識できるでしょう。

 
クルマの全体を見終えたら、今度は塗装面を念入りに見てみましょう。そのときわざとらしいまでに表面がピカピカしている(ワックスがかかっている)ものは、その輝き分を
割り引いて考えたほうがいいでしょう。

 
最近は中古車の情報表示に対する取り決めが厳しくなっているので、事故を起こしているかどうかはしっかりと表記されています。

 
しかし、かすり傷程度では事故に含まれず、そのところだけ部分補修されていることがあります。

 
あまり神経質にならなくてもよいのですが、買った後に塗った部分と元の車体の色が違っていたりするとイヤな気分になるので、念入りにボディを見ることを心がけましょう。

 
エクステリアはこのほかにもいろいろと情報を提供してくれます。

 

たとえばライトが黄ばんでいる場合、屋外で保管していたということを示しています。

 

都市部などの不動産状況を考えるとしかたのないことかもしれませんが、屋内で保管されているものと比べると、いい状態とはいえません。

 
それからクルマの前面やミラlの部分を見ると、跳ね石の傷の目立つクルマがあります。

 

 

タイヤを見ると、角がとれていて丸い感じになっているクルマがあります。

 
こういったクルマは、よくスピードを出していた、もしくは乱雑な運転をされていた可能性があります。

 

ところで、エクステリアを見るときの時間帯ですが、やはり昼間のうちに見ることをオススメします。

 
ただし、あまりにも日差しが強い場所では、塗装面が反射して状態がよくわからない場合があるので、日陰にクルマを移動してもらうといいでしょう。

 
最後に裏技的なことを一つ。手が汚れることを気にしなければ、タイヤハウスの裏側を触ってみてください。

 
手に泥などの汚れではなく、オイルがついたら要注意です。

 

かなり高価な部品が壊れそうな兆候のひとつです。

おすすめサイト

管理人がおすすめするサイトをまとめてみました。

厳選おすすめサイトはコチラ。